七草粥のお話

2020/01/06
  • LINEで送る

新年あけましておめでとうございます。

お正月はおせちやお雑煮など普段とは違った御馳走を食べたり、親類や友人とお酒を酌み交わしたりと、有意義な時間を過ごされたでしょうか。そんなお正月が終わった1月7日、日本では「七草粥」を食べる風習があります。今回は七草粥についてお話していきます。

七草粥は1月7日の「人日」の日に行われる「人日の節句」の行事です。人日とは中国の前漢時代に、元旦は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀」と、それぞれを占って新年の運勢をみていたことに由来しています。さらに唐の時代には、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べ、無病息災を願うようになりました。

この風習が日本へ伝わると、年のはじめに若菜を摘んで食べ生命力をいただく「若草摘み」という風習や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習などと結びつき、「七草粥」に変化し、だんだんと人々の間に定着していきました。定着した背景には、お正月の御馳走に疲れた胃腸をいたわるのはもちろんのこと、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用により、新年の無病息災を願うようになったことがあげられます。

さて、七草粥に使われている春の七草を全てご存じでしょうか。春の七草とは、芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)のことを指します。その中にあります、菘は蕪(かぶ)、蘿蔔は大根を意味しており、これらは漬物にもよく使われる野菜です。

蕪は、白い根の部分より葉に栄養がありカロテンが多く含まれ、疲労回復の効果があります。加えて豊富なビタミンCや食物繊維も含まれるため、風邪予防にもなります。大根の効能は蕪と似ていますが、消化酵素を多く含むため消化の助けとなり、弱った胃腸にはぴったりの野菜です。白い色は純潔をあらわし、幸先が良い野菜とも言われており、大根は縁起物としての意味もあります。七草粥だけではなく、蕪や大根のお漬物を普段の食卓に加えてみてはいかがでしょうか。

本年も漬物をはじめとした商品やアレンジレシピ、コラムを皆様にお届けしてまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

user guide user guide

  • ご注文方法について

    パソコン・スマートフォンからご注文いただけます。

    詳しくはこちら
  • 発送・送料・納期について

    通常5営業日以内の発送となります。

    詳しくはこちら
  • お支払方法について

    カード払い、代金引換からお選びいただけます。

    詳しくはこちら
  • お問い合わせ

    商品配送やお支払い方法などご不明な点がございましたらお問い合わせフォームまたはお電話にてお知らせください。

    詳しくはこちら