漬物と健康

2018/04/02
  • LINEで送る

日本にはさまざまな漬物があり、古くから人々の生活の中で親しまれてきました。最近では漬物に含まれる成分が、がん・心臓病・動脈硬化・糖尿病といった生活習慣病の予防に効果があることが、多くの研究機関や臨床試験によって明らかにされてきました。

 

◆成人病予防の食物繊維

生活習慣の変化により糖類や高脂肪、高たんぱく質食品を過剰に摂取する人が増え、その結果生活習慣病を発症する人が急激に増加しました。それを防止しようと着目されたのが食物繊維です。様々な臨床試験や研究の結果により、食物繊維を多く摂取することで一連の生活習慣病を予防できることが明らかになりました。

食物繊維には、水に溶けるもの、溶けないものの2種類が存在します。水に溶ける食物繊維は血液中のコレステロールや胆汁酸の排出を促進することで、動脈硬化や心臓病の予防効果が、また水に溶けない食物繊維は消化器官を刺激することで、便秘の解消や糖尿病・直腸がんの予防効果が見られました。野菜には水に溶けない食物繊維が多く含まれていることから、注目が集まるようになったのです。

 

◆食物繊維豊富な漬物

漬物は野菜から水を抜いた食べ物であり、同じ量の生野菜に比べて相対的に食物繊維の量が多いことから、より多くの食物繊維が摂取できるという長所を持っています。加えて、漬物にすることで野菜に含まれているミネラルなどの栄養素をそのままの形で体に取り入れることができるため、生活習慣病予防の食べ物として脚光を浴びました。

◆発酵漬け物と健康

漬物中の乳酸菌は、漬物の摂取とともに体内に入り、大腸へと到達します。そこでビタミンを生合成し、それを大腸から摂取して利用できるのです。加えて、それらの乳酸菌はその大腸にとどまり、別の食べ物とともに混入してきた食中毒菌や異常発酵菌などを攻撃し排除する役割をも持っています。これは、発酵漬物の最大の特徴とも言うことができ、そこに存在する微生物が様々なビタミンを生合成し、私たちの体の代謝を助けることに役立ってくれます。

このように漬物が健康維持のための食品として注目される時が来るのではないでしょうか

 

 

user guide user guide

  • ご注文方法について

    パソコン・スマートフォンからご注文いただけます。

    詳しくはこちら
  • 発送・送料・納期について

    通常5営業日以内の発送となります。

    詳しくはこちら
  • お支払方法について

    カード払い、代金引換からお選びいただけます。

    詳しくはこちら
  • お問い合わせ

    商品配送やお支払い方法などご不明な点がございましたらお問い合わせフォームまたはお電話にてお知らせください。

    詳しくはこちら